Top > 犬のしつけに適した時期

犬のしつけに適した時期


ドッグオフプロ (犬のしつけ用・無駄吠え対策)

 

犬のしつけは、子犬の時に行うのが良いとされています。子犬の時期の生後3~12週の期間は「社会化期」と言われていて、犬にしつけをしやすい環境と言われています。

犬のしつけにが子犬の時期が適切なのは、頭のやわらかいうちに様々なことを覚えさせやすいという理由があります。この時期の子犬は、他と自分の区別を理解し始める時期で、物事を素直に受け入れやすい時期なのです。ですから、この時期に犬のしつけで様々なことを教え込めば、飼い主の言うことを素直に聞ける犬に育てることができるのです。人間社会の環境に慣らせることや、やって良い事悪いことなど基本的な犬のしつけなど、様々なことを経験させることで、苦手なことがない犬にしつけることができるでしょう。

しかし、子犬の時期はとても手のかかる時期でもあります。興味や好奇心が一番強い時期なので、いたずらすることも多いでしょう。犬のしつけを自分ひとりで全部請け負うのはとても大変なので、ぜひ家族全員でしつけに参加して下さい。食事の世話、散歩、トイレ、お風呂など、それぞれ家族で分担できる部分は分担して、子犬のしつけを行うのがいいでしょう。家族のリーダーは誰なのかを自然に理解でき、人間との関わり方も自然に身に付けることができるので、家族みんなで楽しくコミュニケーションをとりながら、犬のしつけをしていくといいのではないでしょうか。

 

 メタボリックの予防と対策  ダイエット食品の問題点と注意点  不妊対策と不妊治療
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
犬のしつけをする前に(2009年8月 3日)
犬のしつけで大切なこと(2009年8月 3日)
犬のしつけに適した時期(2009年8月 3日)
犬のしつけ方(2009年8月 3日)
犬のしつけ教室(2009年8月 3日)