Top > 犬のしつけ方

犬のしつけ方


カニイカラーシステム 2 (犬のしつけ用・引っ張り癖)

 

犬のしつけの基本的な考え方は、犬に飼い主の意思をしっかりと伝えて理解させることです。人間の子供をしつける場合と同じで、悪いことをした時はしっかり叱り、いいことをした時はしっかり褒めて愛情を持ってしつけをすることが重要です。「叱る」「褒める」この繰り返しによって、何がいいことで、何が悪いことかを理解していきます。犬のしつけは愛情を持って、じっくり時間をかけてしていきましょう。

犬のしつけ方で大切になるのが、「褒める」ということです。ただし、前で述べたように「叱る」ことも忘れてはいけません。「褒める」「叱る」の具体的なやり方を簡単にまとめてみましょう。

犬をしつける時の褒め方としては、犬が心地よいと感じる頭や首をなでながら、声をかけながら褒めてあげるようにしましょう。犬の目線に合わせて、犬の目を見ながら声をかけてあげることが大切です。

叱り方の基本としては、悪いことをしたらその場で叱るようにします。その状況下で叱らないと、なぜ叱られているのか理解できないからです。犬のしつけで叱る時は、低い声でしっかりと叱るようにします。「ダメ」「コラ」など飼い主の意思をきちんと伝えるようにして下さい。しかし、怒鳴り散らすような叱り方は、犬に恐怖心を与えてしまいますので、犬のしつけとしては好ましくありません。愛情のある叱り方で指導するようにしましょう。

 

 これから始めるFX  視力回復  レーシックによる視力回復  いろいろな視力回復方法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
犬のしつけをする前に(2009年8月 3日)
犬のしつけで大切なこと(2009年8月 3日)
犬のしつけに適した時期(2009年8月 3日)
犬のしつけ方(2009年8月 3日)
犬のしつけ教室(2009年8月 3日)