-犬の躾け方法

2009年8月アーカイブ


カニイカラーシステム 5 (犬のしつけ用・引っ張り癖)

 

犬のしつけをする前に、または犬を家族として招き入れる前に、飼い主としての心構えを持っていて欲しいものです。

近年のペットブームでたくさんの人たちが犬との生活を楽しむようになってきています。しかし、冷静に見回してみると、犬と人間の都合のみで接するような、身勝手な飼い方をしている人や、犬のしつけをはじめとして、ペットと暮らすマナーを守っていない飼い主さんも非常に多くなっています。そこで必要なのが、犬をしつけることです。

犬のしつけにおいては、生活していく最低限のルールを教えてあげることも重要なのですが、飼い主さん自身が犬についての知識を高めることも重要になります。人間にもそれぞれ性格が異なるように、犬にも個性があります。動物は生まれながらにもっている習性があるので、犬種によって気性が荒かったり、怖がりだったりと様々です。飼い主自身が、愛犬の習性や性格をしっかり理解しておくことが、犬をしつける際にとても役に立つ知識なのです。

どのような方法でも構いません。犬のしつけを始める前に、あなたの愛犬の習性を理解しておいて下さい。愛犬の習性や性格を上手にコントロールしていくのが、犬のしつけです。言葉の話せない犬の知識を高めて、愛犬の行動を見極める目を養う努力をして欲しいものです。


犬のしつけスプレービターアップル 473ml 

 

犬のしつけで気になるのが、具体的にどうしつけを行っていくかですが、犬のしつけ方法だけでなく大切なことがあります。それは、犬をしつける飼い主さんに覚えておいてもらいたい内容です。

犬のしつけは、はじめから順調に進むものではありません。上手くいかないからといって感情的にならずに「我慢強く」「根気よく」しつけていくことが大切です。このことをしっかり納得できていないと、しつけの態度に感情が入ってしまい、犬を混乱させることになります。犬をしつける場合は、ある一定の態度で反復指導をしていくことが重要なので、犬のしつけに取り組む際は「我慢強く」「根気よく」ということを、しっかり肝に銘じておきましょう。

飼い主さんの中には、犬を自由に過ごさせてあげたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。ですが、人間と同じ社会で生きていく犬にも社会のルールを守らせなければ、犬にも飼い主さんにも、不幸な出来事を起こす可能性があります。愛犬と共に、楽しく幸せな生活を送りたいと願うのなら、積極的に犬のしつけに取り組んで下さい。しつけによって愛犬に社会のルールを教え、犬自身の過ごしやすい環境を作ってあげるのは、飼い主の責任だということを忘れないで下さい。

愛犬といつまでの幸せに暮らしたいと願う気持ちは皆同じです。犬のしつけで、愛犬と共に飼い主さんも一緒に学んでいきましょう。

 

 高血圧対策  日焼け対策  正しい日焼けケアで美肌を保つ

ドッグオフプロ (犬のしつけ用・無駄吠え対策)

 

犬のしつけは、子犬の時に行うのが良いとされています。子犬の時期の生後3~12週の期間は「社会化期」と言われていて、犬にしつけをしやすい環境と言われています。

犬のしつけにが子犬の時期が適切なのは、頭のやわらかいうちに様々なことを覚えさせやすいという理由があります。この時期の子犬は、他と自分の区別を理解し始める時期で、物事を素直に受け入れやすい時期なのです。ですから、この時期に犬のしつけで様々なことを教え込めば、飼い主の言うことを素直に聞ける犬に育てることができるのです。人間社会の環境に慣らせることや、やって良い事悪いことなど基本的な犬のしつけなど、様々なことを経験させることで、苦手なことがない犬にしつけることができるでしょう。

しかし、子犬の時期はとても手のかかる時期でもあります。興味や好奇心が一番強い時期なので、いたずらすることも多いでしょう。犬のしつけを自分ひとりで全部請け負うのはとても大変なので、ぜひ家族全員でしつけに参加して下さい。食事の世話、散歩、トイレ、お風呂など、それぞれ家族で分担できる部分は分担して、子犬のしつけを行うのがいいでしょう。家族のリーダーは誰なのかを自然に理解でき、人間との関わり方も自然に身に付けることができるので、家族みんなで楽しくコミュニケーションをとりながら、犬のしつけをしていくといいのではないでしょうか。

 

 メタボリックの予防と対策  ダイエット食品の問題点と注意点  不妊対策と不妊治療

犬のしつけ方

| コメント(0) | トラックバック(0)

カニイカラーシステム 2 (犬のしつけ用・引っ張り癖)

 

犬のしつけの基本的な考え方は、犬に飼い主の意思をしっかりと伝えて理解させることです。人間の子供をしつける場合と同じで、悪いことをした時はしっかり叱り、いいことをした時はしっかり褒めて愛情を持ってしつけをすることが重要です。「叱る」「褒める」この繰り返しによって、何がいいことで、何が悪いことかを理解していきます。犬のしつけは愛情を持って、じっくり時間をかけてしていきましょう。

犬のしつけ方で大切になるのが、「褒める」ということです。ただし、前で述べたように「叱る」ことも忘れてはいけません。「褒める」「叱る」の具体的なやり方を簡単にまとめてみましょう。

犬をしつける時の褒め方としては、犬が心地よいと感じる頭や首をなでながら、声をかけながら褒めてあげるようにしましょう。犬の目線に合わせて、犬の目を見ながら声をかけてあげることが大切です。

叱り方の基本としては、悪いことをしたらその場で叱るようにします。その状況下で叱らないと、なぜ叱られているのか理解できないからです。犬のしつけで叱る時は、低い声でしっかりと叱るようにします。「ダメ」「コラ」など飼い主の意思をきちんと伝えるようにして下さい。しかし、怒鳴り散らすような叱り方は、犬に恐怖心を与えてしまいますので、犬のしつけとしては好ましくありません。愛情のある叱り方で指導するようにしましょう。

 

 これから始めるFX  視力回復  レーシックによる視力回復  いろいろな視力回復方法

犬のしつけ教室

| コメント(0) | トラックバック(0)

【14%OFF!!】トーラス ヒッカキノン 300ml (犬のしつけ用・いたずら対策)

 

犬のしつけでお困りの方、忙しくて犬のしつけまで手が回らない方など、犬のしつけ教室を利用してみてはいかがでしょう。
犬のしつけ教室と言っても、様々なスタイルがあるようです。それぞれのメリット、デメリットを挙げてみましょう。

<訓練所での犬のしつけ教室>
飼い主から離れての指導が主流なようです。専門トレーナーが犬の個性に合わせてきちんとしつけを指導します。家庭と離れて指導することで、環境の変化に対する対応も身につけることができます。飼い主自身もしつけ方を身に付けるプログラムも用意されているなど、希望に応じた対応が望めます。

<出張訓練での犬のしつけ教室>
普段の環境の中で、家族と一緒に指導が受けられます。犬のしつけに対して家族みんなが同じ意識を持てることと、犬自身も同じ環境で安心して指導が受けられるのが魅力です。

<犬のしつけ教室に参加する>
犬自身、たくさんの犬や人と接する機会が持てるので、自分以外の犬や人に対しての訓練にもなります。また、同じ悩みを持つ飼い主同士の交流で、情報交換などのコミュニケーションが取れる時間ができます。犬のしつけ初心者の方にはお勧めかもしれません。
このように、犬のしつけ教室も様々です。飼い主、犬自身ともに楽しく生活していけるよう、それぞれの目的にあった、犬のしつけ教室へ足を運んではいかがでしょうか。

 

 NEC蛍光灯  クッキーダイエット  ロクシタン  にがり効果
カテゴリー
更新履歴
犬のしつけをする前に(2009年8月 3日)
犬のしつけで大切なこと(2009年8月 3日)
犬のしつけに適した時期(2009年8月 3日)
犬のしつけ方(2009年8月 3日)
犬のしつけ教室(2009年8月 3日)
カテゴリー
更新履歴
犬のしつけをする前に(2009年8月 3日)
犬のしつけで大切なこと(2009年8月 3日)
犬のしつけに適した時期(2009年8月 3日)
犬のしつけ方(2009年8月 3日)
犬のしつけ教室(2009年8月 3日)